人にも環境にも優しい宮古島産日焼け止め

宮古島では夏のみならず一年を通して紫外線が強く、日焼け止めが欠かせない。しかし販売されている日焼け止めの多くは肌への負担の可能性やサンゴ礁への影響があるとされる紫外線吸収剤が使用されている。 コーモト化粧品研究所では、宮…

ミヤコカナヘビ、沖縄県天然記念物に指定

宮古毎日新聞などが報じたところによると、沖縄県教育庁は宮古島市に生息するトカゲの仲間「ミヤコカナヘビ」を県指定天然記念物に認定したと発表した。 フードに群がるミヤコカナヘビたち。こんなに素晴らしいカナヘビが新たに飼育でき…

今年の添道サガリバナ 夜のお花見は6月25日〜7月4日まで

宮古島環境クラブは、サガリバナのライトアップを行う夜のお花見を6月25日〜7月4日まで開催する。 サガリバのライトアップは今回で8回目となり、地元住民や観光客に人気の夜のイベントの1つとなっている。 また、宮古島環境クラ…

増え続ける水の消費量

宮古毎日新聞が報じたところによると、宮古島市の上下水道部は、2018年度の水道水配水量のまとめを公表した。それによると、水道水の配水量は前年度に比べて18万256立方メートル上回っており、観光客の増加や建設ラッシュに伴う…

サギツ浜での無許可工事、行政指導で現状回復へ

宮古新報が報じたところによると、問題になっていた大浦集落近くの「サギツ浜」に降りる「里道」などで無許可で工事が行われていた件で、工事は宮古島市や沖縄県の行政指導でストップし、現状回復に向けた作業に取り掛かっているという。…

宮古島海の環境ネットワーク、6月9日に狩俣東海岸で清掃活動を実施

宮古島海の環境ネットワークは、2019年6月9日に以下の内容で海岸の清掃活動を行う。個人での参加は事前申し込みは不要なので気軽に参加してほしいと呼びかけている。(参加にあたって用意するものがあるのでご注意ください。) 清…

クロマグロ、沖縄県でも禁漁に

沖縄タイムスなどが報じたところによると、今期の30キロ以上の大型クロマグロの採捕停止命令が沖縄県により出された。通常、沖縄でのクロマグロ漁は今が最盛期で、漁業関係者からは「ついにこの時が来たか」との声も。 漁獲量の制限は…

「サギツ浜」で無許可の拡張工事

宮古毎日新聞やブログ「宮古島の秘郷・大浦部落」によると、大浦地区の通称サギツ浜と呼ばれる海岸への入口通路で、行政の許可を得ないまま、個人にる土地の拡張工事が行われていたことがわかった。個人は行政指導に従って、原状回復を行…

沖縄気象台、きょう梅雨入りを発表

沖縄気象台は、きょう(5月16日)沖縄地方が梅雨入りしたとみられると発表した。 平年より7日遅く、昨年より16日早い梅雨入りとなった。 関連リンク 沖縄気象台 Okinawa Regional Headquarters,…

本日開催 宮ロック会場でビーチクリーン活動に参加しよう

MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 事務局は、きょう会場であるトゥリバービーチでロックフェス開催を前にした恒例のビーチクリーン活動を行う。事務局では、ボランティアの参加を広く呼びかけている。 島外から…

宮古地域の森林率は18%以下

宮古新報が報じたところによると、沖縄県が発行する「宮古概観」(2018年度版)に掲載されている宮古地域の森林率(ある地域における森林面積の割合)は、17.9%だったことがわかった。これは、沖縄県平均の約47%を大きく下回…

宮古島各地で気温30度超える

宮古新報が報じたところによると、きのう4月25日の宮古島の気温は、島内各地で最高気温30度を超えを記録。4月に真夏日を記録するのは実に53年ぶりという。 現在の宮古島は蒸し蒸し感が感じられ、梅雨の足音もすぐそこまで来てい…