ペットボトル・缶類ゴミが急増、70%増も。

宮古新報が報じたところによると、観光客の増加などを背景にペットボトルを中心としたゴミ類が急増しており、宮古島市のクリーンセンターでは、観光客にもゴミ削減の協力を呼びかけている。ゴミの中でも増加が顕著なのが飲料用に使われた…

「エコアイランド宮古島宣言2.0」5つのゴールをリリース

宮古島市は、3月29日に記者会見を開き、「エコアイランド宮古島宣言2.0」5つのゴールを発表した。 この指標は、2030年、2050年に目指すべきエコアイランド宮古島の姿を5つのゴールとしてまとめたもので、「宮古島版SD…

家電 Watch「宮古島の挑戦に迫る」離島のエネルギー自給自足

家電Watchは、「藤本健のソーラーリポート」を更新し、「離島のエネルギー自給自足のカギは、発電した電力を捨てること? 宮古島の挑戦に迫る」を公開した。「エコアイランド宮古島宣言2.0」から、宮古島市が設定した2050年…

宮古カレン、エコな電動スクーターのレンタルを開始

ホンダとソフトバンクも参画 宮古カレンは、3月6日よりHONDAの電動二輪車「PCX ELECTRIC(エレクトリック)」をレンタルする事業を開始すると発表した。 PCX ELECTRICは、新開発のコンパクトな電動パワ…

ビーチクリーン「海 LOVE in 宮古島 2019」明日開催

海 LOVE in 宮古島 2019実行委員会は、明日2019年3月3日(日曜日)に「未来に残そう宮古ブルー♡ 海 LOVE in 宮古島 2019」を開催する。「海をもっときれいに!」「きれいな海を次世代まで残したい!…

全国中学高校Webコンテストで「エコ活!宮古島」がプラチナ賞受賞

第21回全国中学高校Webコンテスト(主催:特定非営利活動法人学校インターネット教育推進協会)の最終審査結果が決定し、授賞式においてその発表が行われ、横浜市立サイエンスフロンティア高校附属中学校のメンバーが製作した「エコ…

18年度ふるさと納税2億円超える|11月現在

宮古新報が報じたところによると、宮古島市への2018年4月から11月までの 「ふるさと納税」 の金額が2億円となっている(宮古島市企画調整課)。 17年度は受け入れ額が3億4300万円となり、沖縄県で第一位となっている。…

「人工光合成」来年宮古島で実証実験スタート

FNN.jpプライムオンラインが報じたところによると、「人工光合成」技術を使った「人工光合成ハウス」の実証実験が宮古島で始まるという。 人工光合成技術は、植物が太陽光を利用し、水と二酸化炭素から酸素と、でんぷんなどを生み…

宮古島で「独自通貨」を準備中?

エコアイランド宮古島公式サイトによると、宮古島でエコ活動などに参加した人などに「理想通貨」を配布する案が進行中のようだ。「理想通貨」は、独自の地域通貨などではなく、市民の皆さんにエコアイランドに積極的に参加してもらうとい…

セソコマサユキさんに学ぶ市民ライター講座 10月13日

媒体を問わず、企画、編集、執筆、写真などを通して沖縄の魅力を独自の世界観で表現し、発信しているセソコマサユキ氏の市民ライター講座が開催される。 いつまでも住み続けられる島創りを目指してエコアイランド宮古島プロジェクトは、…

「たったひとりのエコアイランド・マラソンが」スタート!

宮古島市地域おこし協力隊が企画する「たったひとりのエコアイランド宮古島マラソン」が宮古島市のTSUTAYA前を出発した。 この企画は「エコアイランド宮古島」を周知する目的で宮古島市地域おこし協力隊の大林領さんがリヤカーを…

coMpass「ぼくらがつくる宮古島2.0」開催

NEM財団 Japan Country Leaderも参加 宮古島の有志による、宮古島の子どもたちを応援する団体「coMpass」は、9月12日(水)18:00から「ぼくらがつくる宮古島2.0」を開催する。coMpass…