うえのドイツ文化村、売却を検討

沖縄タイムス が報じたところによると、宮古島市は「うえのドイツ文化村」(上野宮国)の売却を検討していることがわかったという。ドイツ村は、施設の老朽化や台風で被害などで今後の維持費が問題になっていた。市の幹部によると「企業…

幻の沖縄スピリッツ『イムゲー』飲み比べセットを販売<多良川・請福酒造・久米仙>

約100年の時を経て、一昨年ついに復活した幻の沖縄スピリッツ『イムゲー』の普及促進プロジェクIMUGE.Projectは「沖縄ファミリーマート×IMUGE.限定販売企画」および「IMUGE.試飲イベント」を実施する。販売…

2021年の成人式はコロナ感染拡大防止のため中止

宮古毎日新聞 が報じたところによると、宮古島市は、2021年1月の成人式の式典を中止するという。新型コロナ感染拡大防止の観点から決定した。2021年の新成人には「成人祝い金」を一人1万円を支給する。 詳しくはこちらの記事…

今年の「パーントゥ」コロナの影響で中止

沖縄タイムス が報じたところによると、ユネスコ無形文化遺産に登録されている「宮古島のパーントゥ」の今年の祭祀は中止されるという。島尻自治会が発表した。 詳しくはこちらの記事をご確認ください。 関連リンク 宮古島の伝統行事…

県立伊良部高校閉校、県教委が承認。来年3月に閉校式

琉球新報が報じたところによると、沖縄県教育委員会は、県立伊良部高校の廃止を承認した。現在の3年生が卒業する2021年3月に閉校式を行うという。宮古高校が引き継ぎ校となる。 詳しくはこちらの記事をご確認ください。 関連リン…

サシバの繁殖地・中継地・越冬地がつながった国産米の琉球泡盛『寒露の渡り』予約開始

公益財団法人日本自然保護協会は、栃木県市貝町の「続谷営農組合」と伊良部島の酒造会社・株式会社宮の華の協力得て企画したサシバの保全に繋がる琉球泡盛「寒露の渡り」を本日からオンラインストアで予約販売を行うと発表した。 同協会…

ヤシガニ捕獲禁止期間がスタート。違反者には罰金10万円も

宮古新報が報じたところによると、宮古島市全域で6月1日から「ヤシガニ保護条例」に基づく捕獲禁止期間に入った。6月1日からヤシガニの繁殖期間である8月末までは、個体の大きさに関わらずヤシガニの捕獲を禁止する。違反者には10…

サシバが結んだ泡盛今秋発売。栃木県市貝町と宮の華

下野新聞が報じたところによると、サシバの繁殖地・栃木県市貝町で栽培されたコメを使った泡盛の製造が進んでいるという。 同市は昨年「国際サシバサミット」を開催し、サシバを町づくりの核としている。宮古島も古くからサシバの集団が…

沖縄県のクロマグロ漁獲可能枠、前年比6割増

八重山毎日新聞社が報じたところによると、クロマグロは都道府県別で漁獲枠を割り当られているが、今年は沖縄県に割り当てられる漁獲量が約192トンと前年に比べて6割増となった。これを受け漁業関係者からは安堵の声が聞こえるという…

東京農大宮古亜熱帯農場「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」で「内閣官房東京オリンピック競技大会・パラリンピック競技大会推進本部事務局長賞」受賞

東京農業大学宮古亜熱帯農場(沖縄県宮古島市)で考案した沖縄の伝統作物であるヤムイモを使った料理が、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局主催「GAP食材を使ったおもてなしコンテスト」にノミネートされ、「内…

オトーリも自粛の動き 新型肺炎で

日刊工業新聞社ニュースイッチが報じたところによると、新型コロナウイルスの影響で宮古島の「オトーリ」や高知の「献杯」、茶道などにも自粛の動きが広がっているという。 詳しくはこちらの記事をご確認ください。 関連リンク 宮古島…

伊良部大橋、きょう開通から5年

宮古毎日新聞が報じたところによると、伊良部大橋(全長:3540メートル)は、きょう31日で開通から5年を迎える。 あらゆる意味で宮古島や伊良部島の文化や観光、経済を変えた伊良部大橋。今後この橋がどのような影響を与えるかじ…