17END本日より車両通行止

地元住民や観光客に人気のエリア「17END」の車両通行止めが本日AM7:00より始まった。 車両通行止となった本日は観光客の数は少なく、昨日までの混雑はみられなかったが天気の良い日は多くの人が訪れる事が予想される。 近隣…

宮古島市7月オープン予定の未来創造センター 案内図を公開

宮古島市は2019年7月初旬オープン予定の『宮古島市未来創造センター』の案内図を公開した。 事務エリア(図書館・中央公民館) 使用手続き/申請等 多目的ホール 観客席 300席(移動観覧席200席・舞台ピット100席) …

JALグループ3社、宮古島市と包括的連携協定締結

FLYTeamが報じたところによると、日本トランスオーシャン航空(JTA)、琉球エアーコミューター(RAC)、日本航空(JAL)の3社は、宮古島市と島の永続的な振興発展に向けて包括的連携協定を締結した。 両者が協力するの…

宮古島海上保安部に巡視船「ながやま」「まえはま」配備

全9隻体制で「尖閣専従体制」整う。 宮古毎日新聞が報じたところによると、15日、宮古島海上保安部(海上保安庁第十一管区)に新造巡視船2隻が配備された。入港式を行なったのは「しもじ型巡視船」の「ながやま」(PS38)「まえ…

市公設市場駐車場、有料化へ

今夏から 宮古毎日新聞が報じたところによると、宮古島市は無料の公設市場の駐車場を有料化する。駐車料金は市場の営業時間(午後9時~午前8時)内で買い物客の場合、最初の30分は無料(以降は30分ごとに100円)。食事の場合、…

沖縄県、検討中の「宿泊税」は二段階制に

短期賃貸マンションや民泊施設も対象で県民からも徴収 沖縄タイムスが報じたところによると、沖縄県が2021年度までに導入を目指す「観光目的税」についての検討委員会は宿泊料金に応じた2段階の定額制とする提言をまとめた。 税の…

伊良部中、佐良浜中が閉校

宮古毎日新聞が報じたところによると、宮古島市立伊良部中学校、佐良浜の両中学校で10日、閉校式が執り行われた。来学期からは、伊良部島小中一貫校(愛称・結の橋学園)として生まれ変わる。 詳しくはこちらの記事をご確認ください。…

ふるさと納税、18年度は伸び悩む

宮古毎日新聞が報じたところによると、宮古島市への18年度のふるさと納税寄付額が前年を下回る見通しだという。宮古島市への寄付は昨年11月の時点で2億円を超えていたものの、それ以降の寄付額の伸び悩みが見られる。原因としては返…

母牛の分娩監視システムに補助金

宮古毎日新聞が報じたところによると、宮古島市は肉用牛の分娩監視システムの導入に補助を出す方針であることがわかった。 補助は株式会社リモート(大分県別府市)が開発・販売する「モバイル牛温恵」の導入費用。50万円の基本セット…

伊良部・狩俣へも光ファイバー網整備

宮古毎日新聞が報じたところによると、沖縄県は2019年度予算で離島などへの光ファイバー網を整備する事業を予算化し、宮古地区では来年度に伊良部と狩俣両地区でも高速通信環境が利用できるようになる見込み。整備されると、大神島を…

空き家対策、本格化

宮古新報が報じたところによると、宮古島市の空き家対策が本格化しそうだ。3月4日から開会する市議会の3月定例会には、空き家の適切管理と活用を促進する条例が提出されるのを機に、空き家の相談窓口と空き屋管理代行サービスを展開す…

宮古管内の求人倍率、2倍超える

宮古毎日新聞が報じたところによると、ハローワーク宮古は、2019年1月の管内の有効求人倍率が初めて2倍を超えた(2.04倍)と発表した。 市役所などの臨時・非常勤職員などの求人が大幅に増加したことなどの季節的な要因もある…